ページ

2019年10月11日金曜日

【重要】台風に伴う10/11(金)の開校状況のお知らせ(小学生開講・中学生開講15:00更新)


☆台風に伴う開校状況のお知らせ☆


2019/10/11(金)
台風接近の接近が予想されています。

フラップス 湘南台校は
通常通り開校しております。

国語の勉強の仕方~音読のすゝめ~


こんにちは。学習塾フラップスの伊東です。

今日は、国語ってどんな勉強をしたらいいですかというご質問へのお答えです。


では、早速、おすすめするトレーニングメニューです。

○音読
○辞書引き
○漢字の読み書き練習
○読書
○書写
○文法
○短作文
○読解演習→※例えるなら、練習試合です。また後日ブログでお伝えします。


今回は、音読について詳しく説明していきます。

音読について  対象:小中学生


 音読ですが、低学年の頃はよく学校の宿題にも出されますが、学年が上がるにつれてなくなっていきます。

ここは、盲点だなと常々、感じています。

 なぜかというと、音読というものは、スポーツでいうところの「走る投げる飛ぶ」という基本に当たります。

走れないやスタミナがない選手が、試合に出て活躍するのは想像し辛いでしょう。

ただ、皆さん、部活のランニングってきついしつまらないと思ったことないでしょうか?

音読も同じで根気がいります。そのため、小さな目標をたてましょう。例えば、



・時間を計って前より早く読めるようにする。

・噛んだり、言い直したり、読み間違える回数を数えて減らしていくようにする。

・読めない漢字はすべて聞いたり、調べたりする。

・意味がわからない言葉は辞書で調べる



 究極の目標は、初見の文章を一度も噛まず、言い直さず、正しいイントネーションですらすらと音読することです。

これは、大人でも非常に難しいです。

例えるなら、初めて見た楽譜ですらすらと演奏し始めるくらい難しいことだと思います。

諦めず、続けていくことが大事です。



 ここ最近のテストや模試というものを見ていると、文章量が年々増え続けています。

早く読み、正確に理解するために、まず、音読の練習から取り入れていきましょう。

上の学年ほど意識的に音読を取り入れると良いでしょう。

特に、中学生は音読をする機会がほぼほぼないので、より良いでしょう。

基礎体力があがれば、試合でのパフォーマンスがあがる、言い換えると、読解のスキルやコツというのが上手く使えるようになります。

ただし、継続こそ力なりです。

例えば、ものすごい筋肉のボディビルダーの方いらっしゃいますよね。

あの方達は、やはり、何年も何年もトレーニングの細部にこだわって続けているのであの体になります。

ぜひ、生徒のみなさんもお家での国語の勉強に音読を取り入れてみてください。

FLAPSの国語対策-学習塾FLAPS HPへ
https://flaps-dream.com/method/national-language.html







 

2019年9月20日金曜日

勉強しない日も必要でしょうか?〜大人の仕事の仕方から考える勉強の仕方〜

こんにちは。

学習塾フラップス湘南台校の伊東です。


本日は、小中学生には、勉強しない日も必要だろうか?というテーマでつづっていこうと思います。

長くなる予感がありますので、読む時間がない場合は、申し訳ないのですが、別の日にお読み頂ければと思っています。

最後までお読み頂けないと誤解されることももしかしたらあるのかなという内容です。

結論から、申し上げると「勉強しない日は作ってあげるべき」と考えています。

さて、大人には、夏休みもなく、長期休みは小中学生程には用意されていません。連休はあっても一週間程度でしょう。毎日がハードなお仕事です。


8時間労働と法律で定められていても、実際はお仕事を持ち帰ったり、勤務時間以外も仕事のことを考えて居たりと心休まる時間が余りないように感じます。

苦行とまでは、いかなくても、それなりに仕事を頑張ろうと思えば、精神的にも肉体的にも削られていくことは多々あるのかなと思います。

また、職場の人間関係には、多くの社会人の方が悩んでいるそうです。

退社理由の上位にも、給与や福利厚生などあがるそうですが、それは建前で本音は多くが人間関係だなんて話もあります。

人間関係以外にも悩みはつきません。

仕事で成果を上げたかどうかなども悩みの原因になるでしょう。

他にも、様々な大人特有の悩みがあるでしょうし、そう考えるとストレスフルな社会なんだなと思う次第です。となれば、休日はゆっくりしたいと思うのが社会人の常でしょう。

では、小中学生はどうでしょうか?

学校って?

大人社会と比べたら子供社会って?

そんなに変わらないのかなと思います。


例えば、部活。それなりに力を入れている部活だと、

平日は授業、放課後は部活。土日は、朝から夕方までというお話もお聞きします。

8時間なんて優にこえてしまいますから、

ブラックバイトならぬブラック部活と揶揄された時期もありましたよね。

部活で、肉体的に疲労し、さらに、

大人と同じように精神的な負担もかかってきます。

クラスの友達や部活の人間関係。

仕事の代わりに

部活の上手い下手

さらに勉強のできるできない

といったストレスがかかってきます。


仕事が勉強や部活に置き変わっただけですね。

大人も子供もストレスを感じている世の中です。

では、小中学生と大人、どちらがストレスに我慢できるかと言ったら断然大人です。


ただ、耐えられるのは子供の頃からストレスを感じてきて、克服してきた私達大人だからではないでしょうか?

子供と大人のストレスになる原因を比べると、断然、大人のストレスが重いですね。

ストレスという言葉の定義を、精神的なプレッシャーを与えるもの、気分を落ち込ませるもの、不安にさせるものとすれば、断然、大人のストレスは子供と比べ物にならないでしょう。

自分のことだけではなく、周りにいる人の将来も背負っていますからね。

それらを子供に背負えというのは、明らかに酷なことと察して頂けるでしょう。

ただ、大人と比べて経験という部分でもいろんな部分で未熟な子供たちにとっての悩みストレスとは、大人にとっては


些細なことでも、子供たちにとっては大事であるということ、乗り越えるためには精一杯にならなければならないということ、

これを踏まえて周りの大人は接して行かなければいけないでしょう。

そして、大人がリフレッシュするために休日ゆっくりしたいなら、子供たちにも勉強のことなどから開放される日が一週間に1日あってもいいのかなと考えています。

そう考えると、「勉強しない日、もしくは勉強のことをを言わない日」は意識的に作ってあげても良いでしょうと思う次第です。


ただ、目指してる目標のために休みなくやりたいと自分の意思で思ってるお子さんには、必要ありません。それはむしろ、ドリームキラーという存在になってしまいます。

(※ドリームキラーとは?頑張ろうとしているときに、「そんなに頑張んなくてもいいんじゃない?」などと頑張る気持ちをくじいてしまうこと、またはくじいてしまう人。)

小中学生も大変です。だから、メリハリをつけて勉強してほしいと思います。

加えて、腹が立ったら5秒数えて子供の目線から是非考えてみましょうというお話でもありました。

そために私たちも尽力出来ればと思います。


最後までお読み頂き誠にありがとうございました。

また、お時間ありましたら、徒然なるときにでもお読み頂ければ幸いです。

敬具



 

2019年9月12日木曜日

【重要】社員研修に伴う完全休校のお知らせ


☆社員研修に伴う休校のお知らせ☆


2019/9/13(金)〜16(月)
社員研修のため

フラップス 湘南台校は
完全休校とさせていただきます。

2019年9月7日土曜日

【重要】台風に伴う9/8(日)の開校状況のお知らせ


☆台風に伴う開校状況のお知らせ☆


2019/9/8(日)
台風の接近の予想されます。

フラップス 湘南台校は
通常通り開校しております。

2019年9月4日水曜日

湘南台は、雨のちテスト。。。

こんにちは。学習塾FLAPS湘南台校です。


今週から湘南台地域の中学校は、テスト テスト、テストです。

今週~来週にかけて前期期末テストが行われています。



湘南台校にも、午後一時からテスト勉強のために生徒が来て、頑張っています。
※理科の質問に答えていたら集まりました。。。

※英語を教えてもらっています。

※副教科を頑張っています!!
小学生の授業が始まる前に、講師たちは生徒からの質問をさばいています。

この後、16時半から小学生の授業です。

今週末には、来週のテスト対策と講師の先生方は、忙しい日々を過ごしています。

午前中は、神奈川県で数少ない男子校の私立武相高校にお邪魔して、いろいろとお話を聞いてきました。

色んな取り組みをされているんだなと感心しました。

そのお話はまた今度させて下さい。

伊東






2019年8月30日金曜日

国語は不注意に気をつける~わかんない。とけない。国語の間違いの9割は不注意~





こんにちは。学習塾フラップス湘南台校です。

 今日は、国語の勉強についてお伝えしようと思います。

何かと忙しい日常の中で、ご覧頂き誠にありがとうございます。 

私は、国語を専門で教えて8年目を迎えます。

 様々な経験から端的に申し上げると、国語という教科でお子さんがわからないと言い出したとき、このわからないにも色んな種類があるということを知って頂きたいと思います。

わからないという一言は、非常にあやふやです。

 そのため、様々なケースがあります。

例えば、①答えが見つからないからわからないなのか、②問題文もしくは本文が理解できないからわからないなのか、③単純に気分的なわからないなのか、ということです。 

そのため、教える側としては、わからないと言われたときにどんなわからないのかを予測することが非常に重要です。

 今日は、①についてお伝えします。

答えが見つからないという場合には、ヒントを読み飛ばしていることが多いです。

 では、ヒントがどこにあるかといえば、本文と問題文ということになります。

 特に、ヒントは、問題文そのものであるということを忘れないで下さい。

 問題文は、発問(質問)と答え方の指定という2つの要素から成り立っています。※傍線部も加えると3つの要素になりますね。

 ①の答えが、見つからないは、発問を理解したが探す際に意識していない、意識が足りない場合があります。

 答えを探すには、発問ありきです。

答えが、りんごであれば、おそらく発問は、この果物はなんですか?や好きな果物はなんですか?と限られた発問を予想することができます。 

この逆で、発問があるから果物を意識することになるわけです。 

好きな野菜はなんですか?

であれば、野菜を想像することになります。

けして、仮面ライダーやウルトラマン、セーラームーンを想像することはないでしょう。 

まとめると、問題文の発問部分を軽く読み流してしまっている場合には、本文をいくら読んでも答えが見つかり辛くなります。

 発問がなければ、答えは見つからないのです。

次に、答え方の指定を読み飛ばしても答えは見つかりません。

 学生の頃を思い出して下さい。

三文字で探しなさいと言われているのにニ文字で探して、見つからず、もう一度問題文を読み直したら三文字やんかという経験をされた方は多いはずです。 

また、今日のテーマとはずれますが、記号で書くのに言葉を書いているというパターンや問題文と選択肢が別のページにあったせいでどうすんの?これ?あ、ここから選ぶのかとなるパターンもあります。 

そんなことある?と思うかもしれませんが、子どもの不注意を侮ってはいけないと思います。

大人でもありませんか?誤字脱字チェックしたのに、うわ、なんでこれきづかなかったんだろうかというガッカリをしたことが。

 人間は、不注意の生き物です。

 しかも、いやいややらされているときほど、不注意は増します。

子どもならなおさらです。

発問も読み飛ばすし、答え方もも読み飛ばすし、答えはまさに灯台下暗しが多いんです。 

だから、①では、もう一度問題文読んだら?という声掛けや、問題文を声に出して読ませて、何が聞かれてるのと聞いてみることなどが有効です。

 不注意を無くせば、国語の点数が上がる子は結構います。

 こう考えると、国語だけではなく、他の教科にもおおいにいえることかなと思います。

端的にお伝えしようとおもいましたが、なかなか、長くなってしまいました。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

もしも、電車を乗り過ごされていましたら大変申し訳ありません。 

ぜひ、ご家庭での指導にお役立て頂けたら幸いです。

 伊東

FLAPSの国語対策-学習塾FLAPS HPへ
https://flaps-dream.com/method/national-language.html